総合病院 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 総合病院 看護師の記事一覧

総合病院の看護師にはデメリットとしてどんなものがあるの?

総合病院の看護師にはデメリットとしてどんなものがあるのでしょうか?

どんな職場にもメリットだけではなくデメリットもあるものです。総合病院に転職する際にもデメリットも知っておくことが大切です。

総合病院の看護師のデメリットは規模や経営方針の差が激しいこと?

総合病院の看護師のデメリットは総合病院同士での規模や経営方針の差が激しいことにあります。

もっと言うと総合病院という呼び名には明確な定義がなく、必要最低限の診療科目と100床以上あれば総合病院になります。

ここではもう少し総合病院の定義を狭めるために、地域の中核となる民間大病院、大体病床数が300床以上のところにしたいと思いますが、それでも規模は同じくらいでも、経営方針の差があるケースがあります。

というのも、総合病院には縛りがないからです。

例えば、大学病院であれば大学の附属病院ということになりますよね。つまり、大学の意向がかなり含まれていることが多いのです。

国公立病院の場合も国や県、市などが運営しているため病院の独自色よりも統一したシステムなどが必要になってきます。つまり、国公立病院にもかなりの縛りがあるのです。

逆に総合病院には縛りが少なく、収益を出しながら総合病院の運営を行っています。つまり、運営元の方針によって、独自色が強いケースがあります。

こういったことが、総合病院の経営方針の差の大きさに繋がっているのです。

総合病院の看護師はデメリットとして専門性が低いことを挙げる?

総合病院の看護師はデメリットとして専門性が低いことを挙げるケースがあります。これは当然と言えば当然ですが、総合病院は科目が多い分、専門性は低くなっていることが多いのです。

よって、新卒で総合病院に入職した看護師は、3年程度で退職することが多いです。これ自体は総合病院以外でも普通に起こっていることですが、総合病院は転職理由に特徴があります。

それは、「他も経験してみたい」「専門的に○○を勉強したい」といった感じですね。つまり、何となく転職する看護師と、特定の分野を定めて転職する看護師がいるのです。

その中で、案外前者の「他も経験してみたい」というのが多いです。これは「嫌になって転職するというよりは、他にもっと良い職場があるのではないか」という好奇心からきています。

この部分と専門性は関係ないように思うかもしれませんが、仮に今の職場の専門性が高いと、同じ分野で勉強したいと思っているのであれば職場が限られるため、むやみやたらに転職できません。

つまり、専門性が高くないことをデメリットと感じて転職に気持ちが傾くことがあるということですね。

総合病院の看護師のデメリットはある程度分かっている?

総合病院の看護師のデメリットは、ある程度分かっているケースが多いです。

最初に説明した「規模や経営方針の差が激しいという部分」も次に説明した「専門性が高くないこと」も、総合病院であれば仕方ないものであるためです。

特に専門性が高くないという部分のデメリットに関しては、逆の見方をすれば多くの診療科目を幅広く学べるとも言えますので、そういったことをメリットと感じる看護師が転職先として選択しているのです。

ただ、デメリットの程度が分かりにくいことが一番のデメリットと言えるかもしれません。

総合病院各々の特徴をしっかりと掴んで、転職先を決定することが大切です。そのためには、専門家である看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを利用するなど、ちょっとした工夫があった方が良いでしょうね。

まとめ

総合病院の看護師のデメリットについて説明してきましたが、いかがでしたか?

結局のところは、総合病院のデメリットというのは、転職先として選択する際に、自分の希望に一致しているところを探すことが難しいことと言えます。

専門性が低いこともありますが、これはある程度事前に予測することができ、幅広い分野での経験をしたいと考えて、専門性が低いことをメリットとして捉えることができる看護師が希望しているのです。

こういったことから、上記でも説明したように、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを上手に活用することが重要になります。

転職コンサルタントは、実際に総合病院の採用担当者から話を聞いていますし、他の看護師の面接同行に行っているケースも多いです。

となると、1つ1つの総合病院の特徴をしっかりと把握している可能性が高いのです。特徴を掴みにくい総合病院で、失敗なく転職するために必要なサービスと言えるでしょう。

総合病院 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 総合病院 看護師の記事一覧

このページの先頭へ