総合病院 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 総合病院 看護師の記事一覧

総合病院の看護師はパートでの採用も多いの?

総合病院の看護師はパートでの採用も多いのでしょうか?

また、パート採用の場合、どういった勤務形態のパートが多いのでしょうか。総合病院の看護師のパートのあれこれを説明します。

総合病院の看護師がパートを選択している理由

総合病院の看護師がパートを選択している理由はどういったものなのでしょうか?

ここでいう総合病院とは、地域の中核となる民間大病院のことです。

そういった総合病院では、基本的には夜勤ができる正社員の採用をしていきたいはずです。しかし、パートの看護師も採用しないと、看護師不足がより深刻化してしまうという事情もあります。

そもそも、総合病院の看護師がパートで勤務している理由としては、最も多いのが夜勤ができないことです。そして、もう1つ多いのが日祝の勤務が難しいことです。

こういった条件がついてくると、総合病院では正社員ではなくパートとしての雇用になってしまうことが多いのです。

総合病院の看護師はパートを選択したわけではない?

総合病院の看護師がパートを選択している理由を説明しましたが、実はパートを選択しているわけではないケースも多いです。

つまり、本音を言うと正社員で採用してもらいたいが、夜勤ができない、日祝の勤務ができないから仕方なくパートで勤務しているということです。

総合病院では、夜勤ができないなどの条件付きの場合に正社員として採用してもらえないケースが多いですが、個人病院などでは日勤のみで正社員という枠も存在していることが多いです。

ただ、仕事の内容的に総合病院が良い、人間関係という部分で看護師数が多くて広く浅くの付き合いで良い総合病院が良い、など、総合病院で勤務したい条件が揃った時に、パートで我慢して勤務することになります。

もちろん、総合病院でも日勤のみの正社員採用を行っているところもあります。よって、全部が全部ではありませんが、総合病院では勤務条件があるとパート採用になる可能性が高いことは覚えておきましょう。

総合病院の看護師 パートという働き方のいろいろ

総合病院の看護師のパートの働き方のいろいろを説明したいと思います。

上記で説明したように、本当は正社員で勤務したいけど、夜勤ができないなどの条件付きのためパートになっているケースも多いですが、その他にもパートの形はいろいろとあります。

まずは、夜勤専従のパートですね。月に夜勤のみ4〜6回程度勤務する形が多いです。日勤のみのパートと併せて採用することで、看護師不足の解消に繋がります。

総合病院の外来パートの採用も結構多いです。外来パートの場合は平日のみの勤務や午前中のみ、午後のみなど様々な形態で採用しています。

他にも経験者であればオペ室や内視鏡室での日勤パートなどもあります。パートというのは足りない部分を補うものですので、誰でもできるわけではない専門的なスキルを必要とする部署での採用も多いのです。

まとめ

総合病院の看護師のパートについて説明してきましたが、どうでしたか?

総合病院の看護師のパートは、大きく分けると、正社員になりたいけどなれないパターン、総合病院の足りていない部分を補うパターンに分かれます。

そして、足りていない部分の中には専門的スキルを有したというものが含まれます。

総合病院のパートは正社員とまではいかなくても、ある程度安定した勤務が可能になっていることが多いです。正社員の4分の3以上働いた時には社会保険加入など、条件面での安心感もあります。

ただ、総合病院のパートと言ってもいろいろな採用条件になっていますので、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを利用し、事前に条件面などの確認をしっかりと行って応募するようにしましょう。

パート採用は正社員での採用と比べて、どうしても立場が弱くなってしまいます。転職コンサルタントに上手く確認してもらうことも重要なことですね。

総合病院 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 総合病院 看護師の記事一覧

このページの先頭へ