総合病院 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 総合病院 看護師の記事一覧

看護師が個人病院と総合病院の違いで知っておくべきこと

看護師が個人病院と総合病院の違いで知っておくべきことにはどのようなことがあるのでしょうか?

転職する時に個人病院か総合病院か悩んだ時に読み返してもらいたい情報を提供します。

看護師は個人病院と総合病院の定義を知ってる?

看護師は個人病院と総合病院の定義を知っているのでしょうか?

よく耳にする言葉ではありますが、実は漠然としているのではないかと思います。よって、まずは個人病院と総合病院の定義を説明しますね。

個人病院というのは、まずは地域密着型の病院です。多くの場合で200床未満、その多くは100床未満です。

そして、病院名に「個人名」がつくケースが多いです。例えば「佐藤病院」などですね。これが個人病院かどうかを見分ける最も分かりやすい定義だと思います。

総合病院というのは、実際のところは病床数が100床以上あって内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の主要5診療科目がある病院のことを言います。

しかし、この定義だと個人病院でも十分に該当しているものがあります。皆さんは総合病院と聞いた時にもっと大規模な病院をイメージしていませんか?

実際に総合病院とついている病院の殆どは、病床数が300床以上で診療科目も10以上あります。よって、ここでの総合病院の定義は、地域の中核となる民間大病院(300床以上)にします。

看護師が個人病院と総合病院で転職先に悩むのは?

看護師が個人病院と総合病院で転職先に悩むのは、どういったケースが多いのでしょうか?

研修体制について

研修体制が充実しているところとなると、まず総合病院を選択するでしょう。しかし、研修体制に関してはもっと深い悩みを抱えている看護師がいます。

それは、研修体制がないのは不安だが、研修体制がしっかりし過ぎているとレポート提出などの負担が大きくてしんどい、というものです。

つまり、研修体制がないのは困るけど、しっかりし過ぎているのもしんどいということですね。少しわがままな悩みにも思えますが、案外多いケースです。

スキルアップしたい

スキルアップしたいのであれば、やはり総合病院ですよね。しかし、総合病院の勤務はついていけない不安があるという看護師がいます。

そして、個人病院ではスキルアップに繋がるか不安となります。簡単に言うと無理なくスキルアップできる職場で仕事がしたいのです。

それが総合病院なのか、それとも個人病院なのか分からないのです。

他にも給料や残業、人間関係など個人病院と総合病院を比較できるものはいろいろとありますが、個人病院と総合病院のどちらに転職しようか悩んでいる時のポイントは上記の2点が多いです。

他の項目は比較するとどうかだけ述べておきます。

給料面

総合病院の方が個人病院よりも高い傾向がありますが、個人病院の中には専門病院などもあり、専門病院になると給料は高くなります。

救急搬入と専門性、このバランスで給料が高いかどうかが決まるのです。

残業

残業はどうしても総合病院の方が多くなります。

これは救急搬入数が多い、もしくは急変が多いことが原因となっています。ただ、看護師数の確保は個人病院でもなかなか難しいので、看護師不足が深刻だと残業も多くなります。

人間関係

総合病院は広く浅く、個人病院は狭く深くです。お局さんが多いのも個人病院です。

どちらが良い悪いではなく、どちらが向いているかですね。

次では、最初の2パターンについて、悩んだ時にどのような行動をとっていけば良いかを説明します。

看護師が個人病院と総合病院で悩んだ時にとるべき行動

看護師が個人病院と総合病院で悩んだ時にとるべき行動はどういったものでしょうか?

上記で説明した2パターンの場合のとるべき行動を説明します。

研修体制について

研修体制については、今までの職場を振り返ることからスタートしましょう。どういった経験をしているかで、ちょうど良い研修体制が変わってくるためです。

例えば、大学病院で勤務をしていて、その時の研修体制がしっかりし過ぎていて大変だった、ということであれば、総合病院でも大丈夫でしょう。

逆に個人病院にしてしまうと、研修体制がなさ過ぎると不満に感じる可能性が高いです。

まずは正確にどういった職場でのどのような研修体制が嫌だったのか、負担だったのかをしっかりと見つめ直すことが重要なのです。

スキルアップしたい

個人病院と総合病院の特性を理解し、どういった環境であればスキルアップできるのかを把握することが大切です。

よって、まずは個人病院や総合病院の面接や見学に行くことが大切です。スキルアップできる職場を探している段階では、面接よりも見学の方が良いですね。

そして、あなた自身が希望しているスキルアップの内容を伝え、それに対して見学先の病院がどうなのかを確認すると、よりイメージしやすくなります。

まとめ

個人病院と総合病院の違い、そして違いから生じる転職先選択の悩み、解決するための行動を説明してきましたが、いかがでしたか?

個人病院と総合病院はどちらが働きやすいということはありません。ただ、今のあなたの要望に応えることができるのはどちらなのか、という判断基準で選択することになるのです。

その時に、研修体制とスキルアップが比較する際のテーマとなることが多く、悩みの種になるわけです。

実際のところは勤務してみないと分からないので、後悔したくないという気持ちが強ければ強いほど、決めることができません。

そういった時に上記で説明したように見学という手段がありますが、なかなか見学のセッティングは勇気が入ります。

面接を強引に勧められることもあるでしょうし、もし希望する内容と大きく違っていた時、場の雰囲気が気まずくなるというのもあるでしょう。

看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを利用すると、まずは個人病院と総合病院の違いなどを説明してくれ、希望する内容を把握した上で、適切だと思われる求人を提供してくれます。

その上での見学ですので、ある程度希望と一致していることは分かっていますし、個人病院や総合病院のことも把握できていますので、不安なく見学できます。

不安なく見学できると、聞きたいことをどんどん質問でき、結果として希望に一致した病院に転職することができますよ。

総合病院 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 総合病院 看護師の記事一覧

このページの先頭へ