総合病院 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 総合病院 看護師の記事一覧

総合病院の看護師はメリットとしてどんなことを感じているの?

総合病院の看護師はメリットとしてどんなことを感じているのでしょうか?

総合病院の看護師のメリットをピックアップして紹介し、説明していきたいと思います。

総合病院の看護師のメリットで最も大きいのは?

総合病院の看護師のメリットで最も大きいのはどういったことでしょうか?

総合病院のメリットはいろいろとありますが、その中で最も大きいのは、やはり診療科目の充実です。

ここでいう総合病院とは、地域の中核となる民間大病院ですが、診療科目としては最低限主要5科目は必要です。そして、殆どの総合病院で診療科目が10以上になっています。

よって、いろいろな経験がしたいという看護師にとっては、メリットが大きい職場と言えるでしょう。

とはいっても、病棟は例えば内科病棟のように、科目ごとに分かれているからあまり意味が無いんじゃないか、と思わる方もいるかもしれません。

確かに、診療科目ごとの病棟にはなりますが、大学病院や国公立病院と比較すると、単科の病棟はほとんどなく、複数の診療科目の混合病棟になっているケースが殆どです。

多い時には3つ以上の診療科目を受け入れている混合病棟のケースもあり、多くの疾患に触れる機会はあります。

総合病院の看護師のメリットはバランスが良いこと?

総合病院の看護師の最大のメリットは診療科目が多いことと説明しましたが、その他のメリットとしては、1つ1つを見るとなかなか飛び抜けたものはありません。

最先端医療、研修体制、福利厚生であれば大学病院や国公立病院の方が上のケースが多いですし、残業や休日になると個人病院の方がメリットがあります。

しかし総合病院は、全てがある程度揃っていることが多く、働く環境としてはバランスが非常に良いのです。

研修体制や最先端医療を学べる環境もありますし、福利厚生もしっかりとしている、そして残業も大学病院や国公立病院と比べると少ない傾向にあります。

仕事とプライベートを両立しながらスキルアップしたい、という看護師がメリットを感じやすいのが総合病院なのです。

総合病院の看護師のメリットは他の職場と比べてどうなの?

総合病院の看護師のメリットは他の職場、例えば大学病院や国公立病院、個人病院、クリニック、介護施設などと比べてどうなのでしょうか?

一言で言うと、総合病院でないとダメ、というメリットは少ないです。上記で説明したように、診療科目が多いことは挙げられますが、その他のことで飛び抜けたものは少ないです。

ただ、欲張りな人にとってはメリットが多く見えるかもしれません。バランスが良いという説明をしましたが、まさにその部分です。

メリットではなくてマイナスな面があると嫌、という方にとっては、総合病院は選択しやすい職場ではないでしょうか?

また、総合病院は比較的大規模な病院になりますが、大学病院や国公立病院と比べると融通が利きます。

例えば完全に日勤のみの勤務は難しくても、月に1回の夜勤で大丈夫であったり、子供が小学生に上がるまでは夜勤免除などもあるところがあります。

こういった部分も、スキルアップと子育てを両立したい看護師にとってメリットが高いですね。

まとめ

総合病院の看護師のメリットをいろいろと説明してきましたがどうでしたか?

最も大切なこととしては、総合病院は仕事内容、研修体制、勤務条件などを総合的に見ると、非常にメリットが大きい職場になる可能性があるということです。

1つ1つにおいて大きなメリットとなりうるものは少ないですが、逆にマイナス面とはっきりと言い切れるものも少ないのが特徴と言えるでしょう。

よって、総合病院を希望する看護師は、「そこそこ」を求めることが多いです。仕事はある程度急性期で、残業はそこまで多くない方が良い、研修体制も一応あった方が安心かな、といった感じですね。

確かに総合病院にはこういった感じを叶えることができる病院は多いですが、もちろん程度は違います。

あなたが求めている急性期はどれくらいなのか、もしくは残業が少ないのはどれくらいなのか、という点も重要なのです。

こういったことを知るためには、看護師転職支援サイトを活用し、転職コンサルタントから話を聞くと良いでしょう。

きっと、各々の総合病院の中で見えにくい特徴をはっきりとさせてくれ、必要としているメリットがある総合病院への転職を後押ししてくれますよ。

総合病院 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 総合病院 看護師の記事一覧

このページの先頭へ