総合病院 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 総合病院 看護師の記事一覧

看護師は総合病院で年齢制限を気にするものなの?

看護師は総合病院で年齢制限を気にするものなのでしょうか?

一般的に看護師の年齢制限は病院では緩めですよね。大学病院や国公立病院では年齢制限を気にするケースがありますが、総合病院ではどうなのでしょうか?

看護師は総合病院で年齢による不採用はあるの?

看護師は総合病院で年齢による不採用はあるのでしょうか?

ここでの総合病院の定義を言うと、地域の中核となる民間大病院です。大体300床〜500床の○○総合病院と言った病院をイメージしてください。

まず最初に結論を言うと、総合病院で年齢による不採用はあります。

全ての総合病院でというわけではないですが、病床数が多くなればなるほど、年間の救急搬入数が多くなればなるほど、年齢制限は厳しくなる傾向があります。

看護師の年齢制限と言うと、50歳、45歳、40歳、35歳となることが多いのですが、総合病院の年齢制限では、40歳か35歳が多いですね。

そして、更に救急搬入が多い病院になると、年齢制限とは言いませんが、30歳未満の看護師を中心に採用するという流れになることもあります。

では、なぜ看護師不足は深刻なのに、年齢制限がある総合病院は多いのでしょうか?

その理由を次で述べます。

看護師の総合病院の年齢制限の理由

看護師の総合病院の年齢制限の理由は、ズバリ早期退職のリスク管理の一環と言えます。

つまり、採用してもすぐに退職する可能性が高い看護師を採用しないようにするための指標の1つとして年齢制限を設けているのです。

年齢で一括りに判断することができるの?と疑問に思う看護師も多いでしょう。しかし、総合病院では年間数十名から数百名の看護師の入退職があります。

その中である程度の傾向は出てくるのです。例えば、30代での中途採用の1年未満での離職率は何%などですね。

こういったデータから、何歳以上の看護師を中途で採用すると、早期で退職するリスクが高くなる、となり敬遠することになります。

上記で病床数が多ければ多いほど、救急搬入数が多ければ多いほど年齢制限が厳しくなると説明していますが、ただ単に年齢的に忙しさについていけないと判断されているだけではありません。

年齢が高くなると、仕事に慣れにくくなっている方が多いのです。なかなか仕事に慣れることができないと、慣れる前に退職する、つまり早期退職に繋がります。

確かに総合病院では看護師不足に陥っているケースが多いですが、かと言って離職率が高くなるのはもっと問題です。

入退職が激しいと、いくら看護師の数がいても常に新人研修を行っているような状態でゴタゴタしてしまうためです。また、プリセプター役の看護師のモチベーションも下がりますよね。

つまり、早期退職のリスク管理は総合病院の人事では重要なことになっており、その1つに年齢制限があることを理解しておきましょう。

看護師が総合病院で年齢に関係なく採用されるためには

看護師が総合病院で年齢に関係なく採用されるためには、どういったことが必要なのでしょうか?

上記で説明しているように、年齢制限は早期退職のリスク軽減のためです。ということは、早期退職のリスクが少ないことをアピールできれば良いことになります。

早期退職のリスクという面では、年齢以外に総合病院での経験や診療科目・部署の経験などが挙げられます。

看護師の面接では、多くの場合で職務経歴書が必要ありません。履歴書のみになっています。これは手軽で嬉しいと感じている看護師もいると思いますが、逆にアピール不足になってしまうことがあります。

総合病院での経験や診療科目・部署の経験の有無を伝えることができていない可能性があるためです。よって、面接時に口頭で総合病院での勤務経験や、診療科目・部署の経験をアピールすることが重要になります。

経験がある看護師であれば、ある程度仕事が分かった状態での転職となるため、イメージと違ったという点での早期退職はないだろうと判断してもらえる可能性があります。

それが年齢制限に引っかからない可能性を高くする手段と言えますね。

まとめ

看護師の総合病院での年齢制限について説明しましたが、いかがですか?

あなたが、年齢制限によって総合病院に転職することを躊躇しているのであれば、思い切って挑戦するための後押しになればと思っています。

上記の内容のポイントをまとめると、年齢制限は採用した看護師の早期退職のリスク軽減のためのもので、その点をクリアすれば、総合病院で年齢に関係なく採用してもらえる可能性があります。

そのためには、履歴書でいかにあなたの総合病院での勤務に繋がる経歴を表現するか、そして面接時に総合病院で活かせる経験を口頭でどのようにアピールするかが重要になってきます。

自分自身では自信がないのであれば、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを利用し、面接対策を行ってもらった上で面接に臨むようにしましょう。

ポイントを押さえることで採用されやすくなりますし、それ以上に自信も持って面接に臨めるようになります。

面接官が自信を持って面接に臨んでいるあなたの姿を見ることで、より採用になる可能性が高まると思いますよ。

総合病院 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 総合病院 看護師の記事一覧

このページの先頭へ