総合病院 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 総合病院 看護師の記事一覧

総合病院の看護師の給料は高いの?

総合病院の看護師の給料は高いのかどうなのか気になりますよね。

ただ、看護師の場合、夜勤の有無や配属先によって大きく異るケースが多いです。よって、条件を揃えて比較することが大切です。

総合病院の看護師の給料で夜勤がある部署はどうなの?

総合病院の看護師の給料で夜勤がある部署はどうなのでしょうか?

まず、ここで言う総合病院とは、地域の中核となる民間大病院です。

総合病院で夜勤がある部署の平均的な年収で言うと、大体450〜500万の間です。そして、残業代などを含めると年収500万円以上も珍しくありません。これは経験5年未満の話です。

では、ここから比較していきたいと思います。比較対象としては、大学病院や国公立病院、地域密着型の中小病院ですね。

夜勤がある場合となると、配属先は病棟か救急外来になります。どちらの配属先に関しても、救急患者様の受け入れが多いほど忙しく、給料も高いようなイメージがあるかもしれません。

確かにそういった面はあり、総合病院と地域密着型の中小病院では、救急患者様の受け入れが総合病院の方が多いことが多いため、給料も高めになっています。

もちろん、総合病院同士でも、救急患者様の受け入れの多さによって給料の違いが生じていることが多く、給料が高い総合病院は救急患者様の受け入れが多い病院だという認識で良いでしょう。

では大学病院や国公立病院と総合病院を比較するとどうでしょうか?

救急患者様の受け入れだけを見ると、大学病院や国公立病院の方が多いように思うかもしれません。

確かにそういったケースが多いのですが、給料に関しては最初は総合病院の方が高いことが多いです。大学病院や国公立病院は経験年数を重ねることでの経験加算が多いという特徴があるためです。

よって、卒後5年くらいまでは総合病院の方が高く、その後大学病院や国公立病院が逆転するというケースが多いですね。

総合病院の看護師の給料で日勤のみの部署はどうなの?

総合病院の看護師の給料で日勤のみの部署はどうなのでしょうか?

総合病院で日勤のみの部署なると、大体年収が350〜400万となります。この金額は悪くはないかもしれませんが、総合病院での給料としては物足りないと感じるのではないでしょうか。

総合病院で日勤のみとなると、外来や透析室、検査室、夜間待機はありますがオペ室などが該当します。

まず、上記と同じように大学病院や国公立病院と比較すると、比較結果も大体同じになります。そして、地域密着型の中小病院との比較の場合は、若干給料が安くなることが多いです。オペ室は高くなりますが。

簡単に説明すると、総合病院は病棟や救急外来、オペ室に力を入れており、よりスキルの高い看護師の確保をしていきたいと考えています。

これが給料に反映されているのです。外来や透析室、検査室などはクリニックでもありますが、総合病院よりもクリニックの方が給料が高いことも珍しくありません。

総合病院の看護師の給料で管理職はどうなの?

総合病院の看護師の給料で管理職はどうなのでしょうか?

管理職の場合の比較対象は最初と同じで大学病院や国公立病院、地域密着型の中小病院ですね。

管理職は経験による部分がかなりありますので一概に言い切れないですが、大学病院・国公立病院>総合病院>地域密着型の中小病院といった給料になります。

そして、転職で管理職として採用される難しさもこの給料の関係と同じになります。大学病院や国公立病院は基本的に管理職を内部で育てます。

その中で足りない部分やスペシャリストを採用したい時に、外部から採用します。いわゆるヘッドハンティングです。

総合病院は、内部から昇格する方もいますが、大学病院などで管理職経験がある方が転職してくるケースも多いです。

そして、地域密着型の中小病院は総合病院の管理職が転職してくることが多くなっています。各々の場合、管理職の中の役職で同等以上を希望するため、転職の際に規模の小さい病院になっていきます。

となると、例えば大学病院で年収600万円の師長が総合病院の副看護部長として採用され、年収が630万円だったとします。

この看護師自体は給料がアップしていますが、大学病院の副看護部長の給料は年収700万だとすればどうでしょう。副看護部長の年収は下がっていますよね。

このような流れになっているので、上記のような管理職の年収比較になるのです。

まとめ

総合病院の看護師の給料について、様々な角度から比較してみましたがどうでしたか?

総合病院の看護師の給料を簡単にまとめると、夜勤がある部署は給料は高めですが、大学病院や国公立病院の方が経験加算は多いため、経験5年以上になってくると抜かれるケースが多いです。

また、日勤のみの部署に関しては、あまり給料が高いとは言えません。これは総合病院の中で力を入れている部署が、夜勤のある病棟や救急外来になっているためです。

そして、管理職に関しては、大学病院や国公立病院には敵いませんが、地域密着の中小病院よりは高いです。

こういったことをもとに、大学病院や国公立病院を選択するのが良いのか、それとも総合病院が良いのか、または地域密着の中小病院が良いのかを選択していくと良いでしょう。

大切なことは、現在の自分自身のキャリアにあった転職をすることです。身の丈にあった病院選びをすることで、結果的に給料が高い職場を選択することができます。

そして、選択肢の中で総合病院により興味を持っているのであれば、看護師転職支援サイトを活用し、その中でもあなたが最も活躍できそうな求人を探すことが大切です。

看護師転職コンサルタントに相談すると、見極めるための情報をもらえますので、給料アップに繋がる転職ができますよ。

総合病院 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 総合病院 看護師の記事一覧

このページの先頭へ